TOKYO SOCIAL FESタイトルロゴ

今年の開催は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

fesについて

Facebook Twitter Line
youtuberの関根理紗さん紹介 福祉の学園祭詳細動画10月中旬公開
谷真海

ステージゲスト:谷(旧姓:佐藤)真海 さん

パラリンピアン
サントリーホールディングス勤務

走幅跳で3大会連続パラリンピック出場を果たし、2016年からトライアスロンへ転向。2020年東京パラリンピックを目指す。

プロフィールを全文表示する プロフィールを閉じる

早稲田大学入学とともに入部した応援部チアリーダーズで活躍していた2001年冬、骨肉腫を発症、2002年4月に右足膝下を切断し義足の生活に。治療とリハビリを経て、2003年1月からスポーツを再開し、2004年走幅跳でアテネパラリンピック初出場。2008年北京パラリンピックにも出場した。

2011年3月、東日本大震災で故郷の気仙沼が被災し、一時は練習もままならない状態になるも、夢をあきらめず、2012年ロンドンパラリンピックで3大会連続出場を果たし、自己ベスト更新。2013年の国際オリンピック委員会(IOC)総会では、プレゼンターとして2020年東京五輪招致に貢献した。

2014年に結婚、2015年には出産を経験し、2016年パラトライアスロンへの転向を表明。2020年東京パラリンピック出場を目指し競技に取り組む。

また、勤務するサントリーホールディングス株式会社CSR推進部では、次世代育成プログラムの運営に取り組む他、パラリンピックの素晴らしさを広めるために講演やイベント出演も行なっている。


略歴
1982年3月12日生まれ。宮城県気仙沼市出身
2000年3月 仙台育英学園高校卒業
2000年4月 早稲田大学商学部入学
2004年3月 早稲田大学商学部卒業
2004年4月 サントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)入社
2012年3月 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツビジネスコース(社会人コース)修了
現在、サントリーホールディングス株式会社CSR推進部所属

主な競技実績
2004年9月 アテネパラリンピック 9位 3m95
2008年3月 九州チャレンジ陸上競技大会 4m46
   9月   北京パラリンピック 6位 4m28

2012年3月 UAEナショナルズ(UAE) 4m56
   9月 ロンドンパラリンピック 9位 4m70
2013年4月 ブラジルオープン 5m02(当時の日本記録を更新)
2013年4月 IPC世界選手権大会(フランスリヨン) 3位 銅メダル 4m70

タイトル・表彰

2004年3月 早稲田大学より『小野梓記念賞』受賞
2004年5月 日本チアリーディング協会より『チアリーダースピリッツ賞』受賞
2009年11月 国際ソロプチミスト「社会ボランティア賞」受賞
2012年3月  早稲田大学大学院 「優秀論文賞」
   10月 「気仙沼市民栄誉賞」

書籍
・『とぶ!夢に向かって ロンドンパラリンピック陸上日本代表 佐藤真海物語』(学研/2012年)
・『夢を跳ぶ~パラリンピック・アスリートの挑戦~』(岩波ジュニア新書/2008年)
・『ラッキーガール』(集英社/2004年)

馬場道浩

ステージゲスト:北澤豪 さん

サッカー元日本代表・(公財)日本サッカー協会理事・(財)日本障がい者サッカー連盟会長

中学時代は読売サッカークラブ・ジュニアユースに所属。修徳高校卒業後、本田技研工業株式会社に入社。海外へのサッカー留学・日本代表初選出を経て、読売クラブ(現 東京ヴェルディ)へ。日本代表としても多数の国際試合で活躍した。

プロフィールを全文表示する プロフィールを閉じる

(J1リーグ戦 264試合・日本代表国際Aマッチ59試合)03年現役を引退。
社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを通じて世界の子ども達を支援できる環境作りを目指している。
現在は、日本テレビ系「NEWSZERO」「シューイチ」NHK・Eテレ「やさいの時間」WOWOW「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」などに出演中。
(公財)日本サッカー協会理事兼フットサル・ビーチサッカー委員長、(財)日本障がい者サッカー連盟会長、JICAオフィシャルサポーターとしてサッカーのさらなる発展・普及に向けての活動を行っている。

暗闇エンターテイメント ダイアログ・イン・ザ・ダーク 世界に誇る最先端テクノロジー体験 スペシャリストブース
ステージ企画@10号館講堂
公式SNS 開催概要
会場アクセス